2013年12月

    オタク=キモいって認識を










    1: ダンゴムシの兄 2012/06/14(木) 03:38:25.51
    別に、自分がかっこいいとか思ってるわけじゃない。
    ただ、そういうオタクもいればそうじゃないオタクもいる
    ってことを知ってほしいだけ。

    【オタク=キモイになってるからどうにかして正そうぜ!!】の続きを読む

    パワポケシリーズって













    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 01:09:32.52 ID:FBxL8kVy0
    叩かれがちな11.12も新参を置いてっただけで十分面白いんだよなぁ
    ダッシュは正直一番好き

    【パワポケシリーズって15作も続いて駄作が無い凄いシリーズだよな】の続きを読む

    80年代OVA










    1: yomiφ ★ 2013/11/19(火) 22:54:32.03 ID:???
     OVA(オリジナルビデオアニメ)、またはOAV(オリジナルアニメビデオ)。
    アニメが興味のない人でも一度はこの略称を見たことがあるのではないでしょうか。
    現在では、雑誌・マンガ単行本の付録として、記録メディアの変容により、
    OVA(オリジナルビジュアルアニメ)やOAD(オリジナルアニメディスク)と名称が変更しつつありますが…。

     80年代はビデオデッキの普及、そして「ガンダム」「うる星やつら」の登場によりアニメブームが
    沸騰していた時代でした。
    これによりアニメーション制作会社は、自主制作アニメとして、テレビ放送に頼らない方法で
    ビデオ販売を開始しました。OVAビジネスの誕生です。
     そして瞬く間に、OVAの制作ラッシュが起き、アニメ制作会社がどんどんと、OVAをまるで
    「金塊の如く(?)」世に送り出した時代でもありました。

    今回は個人的にオススメしたい80年代OVA作品を3つ紹介しちゃいます!

    1.ブラックマジックM-66
    http://magnetpress.net/wp-content/uploads/2013/11/M66.jpg
    ★これぞ純度100%の士郎正宗ワールドを再現したOVA

     士郎正宗と言えば「攻殻機動隊」。現在では「攻殻機動隊ARISE」として、
    新シリーズが始まっています。・・・が、コアな士郎正宗ファンが選ぶ、
    「士郎正宗原作で一番完成度が高いアニメ」と言えばこの作品。
     「なぜなら御本人士郎正宗も監督として携わっているから!」という部分もありますが、
    北久保弘之氏と沖浦啓之氏という、当時から若手実力派と名高いスタッフによる力が、
    作品の魅力を強く引き出しているところが大部分占めているのではないでしょうか。
    50分という時間で余すところなく、かつ無駄がなく描かれている士郎正宗ワールドにぜひ魅了されてみては?

    2。妖獣都市
    http://magnetpress.net/wp-content/uploads/2013/11/youzyuu.jpg
    ★エロスとグロテスクとハードボイルド。切れ長目美人のヒロイン、麻紀絵に僕らはうっとりとした。

     川尻善昭×菊地秀行コンビの処女作。作品のイメージを表すと、
    「エロエロエロ耽美グログログロ妖艶。そして、ハードボイルド。」
    バトル描写からテレビでは表現できない性描写まで、色々な意味で生唾を飲み込むところ多し。
     オリジナリティが薄いと酷評される中、マニアック志向の強かった80年代のOVAで
    「一般人が鑑賞しても、娯楽作として楽しめる」というスタンスを取っていた作品です。
    いや、もうそんなお堅い話を抜きにしても、作中のヒロインである「麻紀絵」を見るだけで、
    一見の価値はあります。つべこべ言わず観ましょう。

    3.トップをねらえ!
    http://magnetpress.net/wp-content/uploads/2013/11/topwonerae.jpg
    ★アニメを観て僕らはここまで熱くなれるの?炎となったガンバスターは無敵だ!

     ご存知、「新世紀エヴァンゲリオン」の監督、及び「風立ちぬ」の堀越二郎役の庵野秀明氏が初監督として作り上げたOVA作品。
    学園スポコン(!?)モノの第1話から、「オカエリナサイ」の第6話まで…。GAINAXがお送りする、
    「空前絶後の(これまでも、そしれこれからもないであろう)熱意と誠意」で作られた作品は、きっと涙なしでは観られません。
     「お姉様との絆」「コーチ、戦友、親友との思い出」に対する感動の涙と、
    それをぶち壊す「時間の残酷さ」に対する悲しさの涙が、織り交ざって流されます…。
    これを作るきっかけとなった「王立宇宙軍オネアミスの翼」も必ず観るべし。


     いかがでしょうか。
    今回紹介した作品は本の一握り、いや一握り以下の数ですが、80年代のOVAブームによって、
    現在のアニメを牽引しているクリエーターを輩出した、一つの土壌となったということは少しでも感じてもらえたでしょうか
     「ガンダム」や「うる星やつら」がブームにならなかったら…、個人単位で「ビデオデッキ」が普及しなかったら…、
    制作会社が独自で販売を初めなかったら…。きっと、僕たちの周りは「◯ィズニー」に支配された
    世界になっていたかもしれません…。(言い過ぎだけどあながち間違ってないかも)

     今回紹介した80年代OVAは全てDVDとして発売されています。TSU◯AYA等のレンタルショップへ赴けばまだあるはずです。
    さぁ、少しディープなアニメの世界。浸ってみては?
    http://magnetpress.net/2013/kiji16184.html

    【一度は観ておけ!おすすめしたい80年代黄金期OVA作品】の続きを読む

    このページのトップヘ